でよく発達しています。

柳本氏によると髪のツヤを出すため

リフレクソロジーを直訳すると、「反射療法」という意味です。足裏や手のひら等には、全身の各器官や各部位につながっている末梢神経が集まっています。それを「反射区」と言います。そこを押すことで、疲労改善やストレス解消などをはかる健康法です。日本では英国式と台湾式がよく知られていますが、近代的な療法として基礎を築いたのは米国式です。その後、たくさんの国々で発展してきました。英国式はリラックス効果が高く、台湾式の方が指圧的な刺激がより強いとされています。
日本では、両者の中間的な刺激の強さを感じられる施術が広く行われています。効果には個人差があり、不調部分があまりない人にはリラックス効果が高いです。不調が多い人には、自然治癒力を向上させる効果があります。また、即効性があるため、一時的な疲労回復、ストレス解消に利用する人も多いです。そして定期的に行うことで、いっそう老廃物が排出されて、より高い効果が期待できます。これは自分でも可能です。また、歩き疲れたときやむくんでいるな、と感じるときは、近くにあるボールペンや靴ベラで自分でグリグリやってしまってもいいかもしれません。もちろん、リフレクソロジーのサロンに行ってじっくりマッサージしてもらうのもリラックス効果抜群です。ダイエット目的でもリラックス目的でもおススメなリフレクソロジー。是非、取り入れてみてはいかがでしょうか?
内臓を元気にしてダイエット!今日は内臓のお話です。内臓とダイエットが何の関係があるんだ~?とお思いのことでしょう。実は大いに関係あるのです。ダイエットでは体の調子を整えることがとても大事です。特に内臓の調子が悪い場合、色々なダイエットを行ってもあまり効果は見込めません。そこで内臓の調子の整え方·癒し方を知りましょう。では、まず「肝臓」。怒りの溜めすぎ、肝臓が疲れると·飲みすぎ、寝不足を引き起こします。早食い、そんな時は酸っぱい味の「収敏しゅうれん作用」


タオル でおもい つきさり髪かき上げてみたいよね。

脱毛の原因になるのは当然

が、肝臓を癒やしてくれます。酸味には収敏といって、縮む·引き締める作用があります。酸っぱい物を見るとなんかキュッと縮まりますよね。
これが、収敏作用の一つです。胃が縮まった感覚、酸に酸味が重なるからです。胃は胃酸があり、続いて、肺(肺臓)。喉や鼻の奥の不調·お肌の乾燥感·風邪っぽぼい感じを引き起こします。肺が疲れると、.そんなときは、辛い味の発散作用が、肺を元気にしてくれます。軽く汗をかいたり、体の中にある余分な物をを追い出す「発散作用」や体のエネルギーである気や血を巡らせる作用があります。以上、いかがでしたでしょうか?内臓の調子を整えることはダイエットだけでなく健康管理にもつながります。是非、参考にしてみてください。
ダイエットと循環器系の関係?血液とダイエットには密接な関係があります。血液は、体中に酸素と栄養を運びます。その酸素や栄養が過剰になったり、はたまた、足りなくなったりしたとき、体のバランスは崩れ、通常の体型を維持しにくくなります。つまり、太りやすくなったりするわけです。その血液は、血管を通して、心臓がポンプの役割を果たしているため体中の隅々まで、行き渡っています。この仕組みがあるからこそ、私たちは生きていられるのです。動物の進化の過程では、実は心臓よりも血管の方が先に出来てきた、ということをご存知ですか?では、心臓が先にできて、そこからニョキニョキと血管が伸びていくようなイメージがありますよね?長い長い生物の進化の過程で、人の循環器系は、血液毛細血管動脈·静脈
大動脈·大静脈心臓という形で発達してきました。始めに車や人(血液)があり、移動のために道(血管)を作り、その道路整備がされ、より効率よく血液を運搬するため高速道路大きな動脈·静脈が生まれ、最後にそれを統括するために、心臓が出来上がったのです。そのため、心蔵は、いつも、カラダの隅々にまで気を配っている、ともいえます。周囲の人の気持ちが、気になってしまうのです。「あの人は大丈夫なのだろうか?」「あの人は満足しているか?楽しんでいるのか?」「私は何を期待されているのか?」「自分は期待に応えられているだろうか?」「これでいいのか?違うとしたら、私はどんなことをすればよいのだろう?」
これらのこと、思ったりしていませんか?これが強すぎると、自分の欲求やペース·リズムが見失われてしまい、これらがストレスとなり、太ってしまう、という悪循環が起こりえます。


と髪に手を突っ込んで軽く握って引き上げてみる
と髪に手を突っ込んで軽く握って引き上げてみる

このタイプの脱毛症

が増加していると考えられています。他人の欲求や期待はほどほどにして自分のペースを乱されるようなことは、しっかり断ることも大事かもしれませんね。
血液でダイエット?!ダイエットをやる上で大切なことはたくさんありますが、実は血液を知るということも大切である、ことはご存知でしょうか?今回は、その血液とダイエットの関係についてお話しします。血液とダイエットの関係をして、ダイエットをさらに効率的に行うことができます。血液は、以下の成分で構成されています。赤血球:酸素を体の細胞に運搬·白血球:外部の敵を排除·血小板:傷ついた血管の修復·血しょう:栄養素と老廃物と熱を運搬もし、血流が悪くなり、これらが正常に働かなくなったらどうなるでしょうか?赤血球が酸素を送れなくなれば、細胞の代謝機能は低下します。酸素は生命活動の発火材です。生きるために必要なものが作れません。外敵が侵入して免疫を担当する白血球が必要なとき、必要な場所に到達できなければ、体が持つ免疫機能も下がり、体を守ることができなくなります。体にとって外敵となるものは細菌やウイルスですが、それが体の中で繁殖しないよう倒してくれているのです。血小板が運ばれなければ、血管が傷ついてもなかなか修復できず、治りにくくなります。
それは、動脈硬化の原因となり、脳梗塞·心筋梗塞という恐ろしい病気を引き起こします。そして、血しょうが運ばれなくなれば、いらなくなった老廃物をうまく運び出せなくなります。血管に老廃物が溜まって血管が細くなりますます血液は流れにくくなる悪循環に陥ります。そして、体内の細胞に酸素やブドウ糖、アミノ酸が運ばれなり、折角得た栄養も使うことができなくなります。熱を運ぶこともできません。の「熱」を運ぶ機能がダイエットに関わるのです。温かい血液が流れなければ、血管は縮まり、ますます血流は悪くなり体内の温度は更に下がります。つまり、低体温を招いてしまいます。そして充分な酸素·栄養·熱が行き渡らないということは、基礎代謝が落ちます。そして、血液はドロドロになってしまいます。血液は温度によって粘度が変わり、温度が上がればサラサラになり、温度が下がればドロドロになります。そのため、血液サラサラになるためには体温を上げるのが効果的であり、そのために体を温めることが今すぐできる方法なのです。たとえば、お腹が冷えると食物の消化·吸収もできなくなり、免疫で体を守ることもできません。
結果、体はダメージを受け、色々なところに不調が現れます。お腹やお尻には、たくさんの血管が通っているので、この2つの部分を温めることは全身を温めることに繋がります。このように体を温めることもダイエットには効果的なのです。
心臓は苦いのが好き?!どんなダイエット法であれ、あまり無理をすると体に負担がかかってしまします。特に心臓は·運動による心拍数の増減·食事による血液成分の変化などダイエットと強く結びついています。そこで今回は心臓の癒し方·労わり方について知りましょう ^^心臓が疲れると·熱っぽい感じ、動揺·精神が不安定な感じを受けます。東洋医学の考え方ではそんなとき、苦い味の固める作用が、心臓を元気にしてくれます。苦味には熱を取る作用があるのです。尿や便で余分なものを排漕し、·むくみをとる作用があります。苦味は、心臓の働きを助けて、出血を止め、炎症を抑え、* 熱を冷まし、..また、豆乳がにがりで固まるように、物を固める作用もあります。熱を取る漢方薬は、苦味のあるものが多いです。ちなみに、味覚は、温度に依存して変化します。苦味は、37C以上になって急に強く感じられます。
白髪は側頭部より始c
よく、良薬口に苦しと言いますが実は苦味は発熱した時、一番感じるのです。
心臓と性今回は番外編として身体についてのコラムをお送りします。ダイエットに直接結びつく内容ではありませんが、こういう観点·捉え方もあるんだよということをご紹介する感じで書いてみました。ダイエットには基本原理はあれど、万人が実践できるダイエット方法は残念ながらありません。しかし、複数の観点·捉え方を知っておくことで、あなたが活用できる幅が大きく広げることが出来ます。今回は、そんな視点でお読みいただければと思います。今回は長いですけど ^ 太っている状態は栄養の供給がアンバランス状態と言えます。それは、栄養だけに限りません。唐突ですが、あなたは「男性性」「女性性」というものをご存知でしょうか?最近だと Facebook などのアプリで診断ツールというものが流行りましたよね?これらは元々心理学の用語で男性·女性それぞれ独特の考え方や性格を表すものです。男性であれ、女性であれ身体的なものに関係なく誰でも両方とも持っているものです。その「男性性」「女性性」

それは髪が増えたからという

ですが、あなたが何らかしらの病気を持っていてその症状が、体の左側に出るときにはあなたの女性性に、逆に、その症状が、体の右側に出る場合はあなたの男性性に問題があるかもしれません。
整体、カイロプラクティック、ヨガなどでは右半身は男性性を、左半身は女性性を表すと言われています。この右半身が男性性、左半身が女性性、を表す根拠は、心臓の働きにあります血液のポンプである心臓は、右心室、左心房、左心室からなる4つの部屋に分かれています。右心房、それぞれが一定のリズムで収縮と弛緩を繰り返し、全身に血液を送っています。健康な心臓が1日に送り出す血液量はなんとドラム缶 40本分で1日約10万回も鼓動しています。大静脈から右心房に流れ込みます。全身から戻ってきた静脈の血液右心房の血液は右心室から肺動脈を通って、肺で酸素を取りこみ、左右の肺から肺静脈を経て左心房に入り、左心室に送られます。ここで血液は左心室の強い収縮力を受けて大動脈から全身に送り出されます。このように左心室は血液を全身に送り出す、つまり、栄養、酸素を全身に送り出す働きをします。いわば、身体中に「愛」を配る「母性」の働きです。逆に血液を右心房に集めるためには重力に逆らう筋力が必要です。「男性的」な働きですよね。筋力を使うのは静脈から送られる血は、身体の各細胞が、二酸化炭素などをそれぞれの作り出し心臓の右心房に集めていきます。
これは体の中の「回収業務」とも言えます。二酸化炭素は肺を通して、外(社会)へ還元します。そして、社会(外)へ出す行為はもっぱら男性が担ってきたことから、「父性」


頭頂部と側頭部に発生しやすいことがわかります。
頭頂部と側頭部に発生しやすいことがわかります。

発毛を促進するミノキシジル。

と見ることもできます。狩りをしたり、では、ここで太っている人に多い病気「心筋梗塞」という病気について考えてみます。有名ですよね。心臓の病気である「心筋梗塞」急性心筋梗塞は年間で 1000人に2人が発症するそうです。特にガンのようにいつから発症というのがわからない病気が多い中で急性心筋梗塞は、急性で、しかも「死」を連想させる病気の代表格です。この病気にあまり馴染みがない人から見ると、急性心筋梗塞になったらほとんどがそのまま亡くなる、というイメージがあります。ところが、この病気、死に至る率というのは、発症数全体の20 %弱です。それでも日本人の死因の6位で、年間約4、5万人も亡くなっているのです。ということは見方を変えて言うと、心筋梗塞の発症数はおよそ10万人以上ということになります。恐るべき数字ですよね。20% の死亡率ということなので 80% は心筋梗塞から生還しますが、その多くが、心臓の左下に壊死(えし)を抱えているそうです。
壊死とは、「組織の細胞が部分的に死んでいる状態」のことです。心臓に栄養を送る冠状動脈が血栓で詰まり、特に左心室の心筋が酸素不足で死んでしまうからだそうです。その原因は、「体の右側が男性性で左側が女性性」ということから少し考えてみましょう。では、先ほどの心筋梗塞は男性の方が発症数が多いです。圧倒的に男性の方が多いです。特に急性の心筋梗塞は 50 代未満の場合、つまり、心筋梗塞と(男性性)が強すぎて、左側(女性性)が追いつかない状と言えるかもしれません。体の右側大事なのは自分の中の男性性、女性性のバランスを取ることが大事です。心臓は「愛」のチャクラと言いますので身の回りの人達へ愛情を持つことが心臓を健康にする方法なのかもしれませんね。そして、ここで、補足です。男性には急性心筋梗塞が多く女性に少ないのは女性の場合女性ホルモンのエストロゲンというものの作用により心筋梗塞が起こりにくいという医学的側面もあります。しかし、僕が言いたいのは別の側面からアプローチするこにとでまた別の解決方法が見つかる場合があるということもあるってことです。今行っているダイエットがうまくいかない人はここでちょっと立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか?
腎臓を知ろう今回は「腎臓」についてのお話です。腎臓 です。そう「腎臓とダイエット関係あるのか?」という疑問もお持ちかもしれませんが実は非常に関連があるのです。「腎臓」は何をしている臓器かご存知でしょうか?そもそも腎臓は尿を作って血液中の水分と老廃物を排池する為の臓器です。その腎臓がうまく働かないと体に余計な老廃物を溜め込むことになりむくんだり尿で落とせるはずの体重が落ちなくなったりします。

一時的な抜け毛の増減に一喜一憂したら負けです。